駒場(東大教養学部、旧前田邸)

調べ物をしていて、戦時中に教壇を追われた東大教授、矢内原忠雄氏のことを知った。駒場の教養学部キャンパスに氏を記念する小公園が作られているとのこと。ちょっと現地に行って調べてみようと思いたつ。ついでに、駒場公園にある旧前田侯爵邸も観てこよう。

まずは東大駒場キャンパスへ。新入生歓迎のイベントが行われていた模様で、人でごった返している。たくさんのサークルが新歓のデモンストレーションをしていた。
矢内原公園に旧制一高の記念碑がある。「矢内原門」は改装されてしまったようで跡形も無く場所を特定出来ず。駒場寮跡は一部が研究棟、残りの大部分が厚生棟に利用されている模様。

東大の西隣、駒場公園は旧前田邸洋館に有った都立近代文学館が廃止(江戸東京博物館に吸収された)となり、館内を無料で自由に観覧・撮影できるようになっている。建物ファンにとっては有り難いこと。

e3918f1f4e68bc2cdf2319ffd8d8dbc7.jpg

近代文学館で無くなったお陰で撮影自由になったるので、あれこれ撮っていると高倍率ズームレンズの調子が悪くなる。修理に出さなくては。

このブログ記事について

このページは、nyamuが2012年4月 1日 22:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「東伏見稲荷、吉祥寺」です。

次のブログ記事は「奈良 弾丸ツアー(笑)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。