谷中 七福神めぐり

今日は初詣第3弾 と言う訳でもないが、七福神巡りを。行ったのは都内では向島の七福神と並んでメジャーな谷中七福神。朝9時過ぎに田端の東覚寺からスタート。1000円の集印帳を買って、一ヶ所ずつ参詣日と寺の名前、七福神の何天なのかなどを墨書してもらい印を頂く。1つの寺で墨書と印で300円、印刷済みの紙を使う人は朱印のみ200円。最初の墨書と朱印は代金に含まれているので七福神回って集印帳とも2800円。

日陰には昨年末の雪が残る。初めのうちは日も射して暖かいが、次第に雲が厚くなり寒くなる。上野の護国院で6ヶ所回って、谷中のデニーズで昼食。国立博物館で道草するも、あまり時間がないので法隆寺宝物館にしぼって観覧。
その後、池の畔の弁財天で七福神達成。前から気にかかっていた「流浪の画家」長谷川利行の碑も確認する。七福神は7か寺それぞれ歴史や宗派が異なり、建物の作り、堂内の雰囲気や僧侶の気質などにもれぞれ差があって面白い。

夕刻から日比谷で高校時代の恩師の個展を見る。アジア、アフリカ、ヨーロッパと世界中を旅して、自然、建物、文化財、人など色々な題材を描いている。一通り作品を見てから先生と歓談。昨年秋にたまたま同窓会があってお会いしてるので約2ヶ月ぶり。懐かしい高校時代の思い出などひとしきり話して会場を辞す。

このブログ記事について

このページは、nyamuが2005年1月 3日 21:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「初詣 薬師寺東京別院」です。

次のブログ記事は「東京国立博物館 「唐招提寺展」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。